« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月26日 (金)

383.「緑茶会」主催の「連続政治セミナー」始まり

10月6日(月)、「緑茶会」主催の「連続政治セミナー」の一コマとして、
「福島原発事故は収束したか(脱原発と「私たちの暮らし」)
なるタイトルでお話をすることになった
http://ryokuchakai.seesaa.net/article/404951835.html?1410044587

「2015年春の統一地方選挙に向けて緑茶会が動き出しています!」という呼びかけで、一体、どのように動き出すのだろうか?と、こちらからも半ば取材の気分である。

主催者である「緑茶会」は『「脱原発を実現してくれる政治家」を応援する政治団体です』というのが触れ込み。「半ば取材の気分」とは、前回の参議院選挙(2013年7月)のときに取材をさせてもらったからだ。この選挙は、衆参で野党が多数派をなすネジレが壊れ、現在の「自民党独裁」を完成させた選挙だった。

選挙直前に、週刊金曜日が2013年6月21日 948号で、特集「真っ当に憲法を考えている政党はどこだ?」を組み、私は「存在意義が高まる一方で、存在感は低下 護憲・社民党の声は国民に届くのか」というタイトルで記事を書いた。その記事後半は、「護憲・脱原発」を掲げるさまざまな政党や政治団体の動向を書いた。

当時、平和と脱原発をのぞむ人たちの一つの理想形は「オリーブの木」だったと思う。

オリーブの木とは、1996年、イタリアで中道政党「オリーブ」が左派政党と連合した政権構想である。共産党は選挙協力を行なったが選挙後に政権には参加しなかった。つまり選挙で一緒に闘い、多数で政権交代を果たした後に、元の所属政党に戻る政治手法である。』(拙稿「存在意義が高まる一方で、存在感は低下 護憲・社民党の声は国民に届くのか」より)

しかし、現実には、参院選を前に、「共産党」「社民党」といった既存の護憲政党の他に、『民主党』、『生活の党』の中にいる護憲政治家、さらには『みどりの風』、『緑の党』がバラバラに活動し、誰がどう見ても、奇跡が起きなければ共倒れという状況だった。そして、奇跡は起きなかった。唯一起きた奇跡と言えば、直前になり山本太郎さんが合流を呼びかけたが断念し、東京選挙区から単独無所属で当選したことぐらいだった。

私の取材は、一本化の可能性は絶対にないのかを知ることだった。

結果的に、なかった。新たにできた「緑」系のアイデンティティ問題の他に、既存政党には次のような問題もあり、一本化ができないのだと分かった。

『・・「各政党がすでに動き始めたタイミングの遅さに加え、政党交付金の問題が大きい」という。政党交付金は国民ひとり二五〇円分、三二〇億円が税金から取り分けられている。半分の一六〇億円分が議員数で割られて交付され、残り半分は得票率二%以上の政党に行く(受け取りを辞退している共産党以外)。その計算には、直近の衆院選、参院選、前々回の衆院選の議席が反映されるが、既存政党がその名を使わずオリーブの木方式で新団体名で当選すると、今後の交付金算出に反映されず、党の運営から見ると致命的な財政問題となる。「この実情を知らずに、合流するかしないかと迫られても崖っぷち政党は乗れない」(先述の党関係者)との内情がある。』(拙稿「存在意義が高まる一方で、存在感は低下 護憲・社民党の声は国民に届くのか」より)

この選挙を前に、一つの変わり種も登場していた。それが「緑茶会」だった。

『三月一一日には「緑茶会(脱原発政治連盟)」なる政治団体が総務省に届け出た。推薦候補者リストでは、護憲派でもある民主党、共産党、生活の党、緑の党、社民党、みんなの党、みどりの風の個々の議員、七党三〇人を推している。代表の竹村英明氏は、衆院選小選挙区等の脱原発票を足して一六〇〇万票とはじき、二六〇〇万票を集めたい考えだ。ただし、このままでは票が割れ、共倒れすることは承知の上で「今回は実験だ」と賭けている。』(拙稿「存在意義が高まる一方で、存在感は低下 護憲・社民党の声は国民に届くのか」より。数、政党名は記事執筆当時のまま)

「賭ける先はさらなる合流か、浮動票の掘り起こししかない」という中、ある程度、負けが分かっている中での記事執筆だった。しかし、『負け』が分かっていても闘っておかないといけない『闘い』がある。

大事なのは『実験』や『負け』が分かっていても闘っておかないといけない『闘い』から何を学び、そこから、どんな政治リーダーが育っていくのか。どんな未来を作るかだった。

「福島原発事故は収束したか」というタイトルで話をして欲しいと言われたときに、あまり深くは考えなかったけれど、この「緑茶会」ってなんだっけと(すみません、取材をして一度執筆してしまうと、多くのことをサッと忘れてしまいます)、自分が書いた記事を読み返して、今さら、当時は書いていて気づかなかった意義に、気づかされた次第。実のところ、このセミナーにどんな方が来るのか、皆目、見当がつきませんが、ちゃんとお話ができるよう、準備します。

今日(9月26日)が初日らしいです。私は先約があり、他へ取材に行きますが、「2015年春の統一地方選挙に向けて緑茶会が動き出しています!」という呼びかけがあることを、お知らせしたいと思います。

詳しくはこちら 緑茶会 http://ryokuchakai.com/

2014年9月19日 (金)

382.コアキャッチャーに代わる機能とは?

諸々、時間との闘いなので、関係MLに送った書き込みをそのまま自己転載します。

=========================

まさの@ジャーナリストです。

先日、コアキャッチャーに焦点をあてて、以下の記事を配信しました。

発足から2年 川内原発審査プロセスに見る原子力「寄生」委員会ぶり
http://bylines.news.yahoo.co.jp/masanoatsuko/20140910-00038998/
 コアキャッチャーに代わる機能とは?
 「格納容器への下部注水」という妄想に基づいた曲解
 誰も審査しなかった?
 安全神話にNOと言わない委員たち

その後、工事計画申請書を確認すると、メルトダウン、メルトスルーをした場合、
「格納容器への下部注水」というのが可搬式ポンプで人力でやることが書かれて
いました。

コアキャッチャーに代わる機能とは、「作業員の決死隊」が前提だったのです。

その点を原子力規制庁の定例会見で9月16日に聞きました。これをもとに記事
を書きますが、現在、他の原稿に時間がかかっているので、取り急ぎ、そこだけ
を抜粋します。

http://www.nsr.go.jp/kaiken/data/h26fy/20140916sokkiroku.pdf

○記者 川内原発の工事計画申請書についてなんですけれども、先日のパブコメに
ついては、その中でコアキャッチャーについての意見が4~5か所出ていたのに対
して、機能が確保されればよいという説明を市村管理官の方はなさっておられま
したが、工事計画書の中で拝見をしますと、パブコメに対する見解として、注水
をすれば、原子炉下部に注水をするということが書かれていまして、それでコア
キャッチャーと同じ機能を確保するというお返事が書かれていたんですが、工事
計画書の中では、それを見ますと、可搬型ポンプ車で注水するということが書か
れていました。これは一体何人の被ばくを前提としてこういった可搬型のポンプ
車で原子炉の下にメルトスルーをした場合に注水するということで説明を規制委
員の方々にされたのか、それともされていないのか、その辺の確認をお願いしま
す。

○片山審議官 重大事故が発生した場合の対処について、これまでも審査会合、あ
るいは事業者面談の場を通じて何回も審査、長い時間をかけて審査をしてきまし
た。その際の被ばくの前提というのは、そういう作業に当たる人たちについて1週
間で100mSvを上回らないように手順あるいは放射線の防護というものを決めた上
で、そういう体制で重大事故への対応ができるかどうか。それが有効であるかど
うかということをこれまで審査をしてきた。その結果を審査書という形でまとめ
させていただいたということでございます。我々の判断のメルクマールは今申し
上げたものでございます。

○記者 メルクマールは分かりましたが、それは規制委員の方にそのように説明を
されているんでしょうか。つまり、あくまでもパブコメの中で市村管理官が説明
されたのは、その機能が確保されればいいということでしたが、その機能の確保
というのは、人間が可搬式のポンプ車で注水をするのだという説明はされたのか
ということを聞いているんですが。

○片山審議官 審査書の中に、どういう手順で行うのか、その際の前提としてどう
いう被ばく線量限度を設定して事に当たるということになっているのかというの
は審査書に書かれているかと思います。

○記者 書かれていることと説明されたことはちょっと違うと思うんですが。とい
うのは、1,000ページを超えるもので、先日の原子力規制委員会を見ていますと、
少なくとも委員長がしっかりと審査をしていただいたという表現を使ったのは島
﨑委員と更田委員だけで、後のお三方はどのように審査に加わっていたのかとい
うことは明確にされていないんですよね。そうすると、その1,000ページを超える
ものの中で、島﨑委員も全てを読んだわけではないとおっしゃっていますので、
今、福島第一原発で起きていることというのは、メルトスルーをしてしまったも
のがどこにいったか分からないということだと思いますので、その機能を確保で
きるのかどうかというところに人間が被ばくをしながらしなきゃいけないかどう
かということは大きな情報だと思うんですが、これが、この情報がきちんと伝わ
った上での先日の御判断なのかどうかということについて伺っているんですが、
どうでしょうか。

○片山審議官 審査書案の段階から規制委員はそれに全て目を通した上で最終的に
規制委員会規制委員として御判断をされているというふうに承知をしております。

○記者 じゃ、最後にします。すいません。最後ですが、工事計画申請書の中で
2013年8月7日に九州電力が出された川内原発の申請書、工事計画の申請書を見ま
すと、何を新基準に対しては言っているか、それから工事計画では何を言ってい
るのかという表になっていまして、対照表になっていまして、3番目に基準の方で
言っていることと計画で言っていることが整合しているということで書かれてい
るんですが、工事計画で実際にチェックして見るのは基準のクリアできたかとい
うところの欄との整合性だけを見るんでしょうか。実現可能性というのは見ない
んでしょうか。これで最後です。

○片山審議官 これまでも昨年7月に九州電力から申請が出てきて以降、審査会合
の中で設置変更許可に係る部分、工事計画認可に係る部分、保安規定の変更認可
に係る分については一括して審査をしてまいりました。そういう中で重大事故対
応というものが今回新たに新規制基準で要求をしたところでございますけれども、
そういうものが重要な事故のシークェンスがきっちり抽出されているか、あるい
はそれぞれのシークェンスに対して必要な対応がとれるだけの設備、機器、ある
いは対応手順といったようなものがしっかりと備わっているかどうかというもの
を一括してずっと審査をしてきたところでございます。今回、審査書案というも
のを決め、まずは設置変更許可の部分を行ったわけでございます。今後、恐らく
これまでの審査というものを踏まえて工事計画も補正申請が出てまいりましょう
し、保安規定についても補正申請が出てくるということになろうかと思います。
それが出てきたら、我々がこれまで審査してきたものというものがしっかりとそ
れらに反映をされてできているかどうかというものを我々最終的に確認をし
た上で、それぞれを認可をしていくというのが今後我々がやらなきゃいけないこ
とになろうかというふうに思っております。

○司会 よろしいですか。
○記者 後にします。ありがとうございます。
○司会 それでは、本日の会見、これで終わりにしたいと思います。御苦労さまで
した。

===================

2014年9月14日 (日)

381.こんな錦織さんもいる

横浜市議会に、集団的自衛権の閣議決定を撤回して欲しいという意見書を国に出して欲しい、と陳情したある横浜市民、錦織(にしきおり)順子さんが、あるMLにその報告をされましたた。じんわりと感動しました。許可を得て、転載させていただきます。(改行などを少しいじりました)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

9/3から開かれている横浜市議会に、陳情書を提出した結果をご報告します
(公人なので議員名は実名とします)
陳情の内容は「集団的自衛権の閣議決定を撤回して欲しいという意見書を、国へ向けて横浜市議会として提出して欲しい」というものです
私は旭区在住ですが、旭区には野党の市議として「民主党」と「結ぶ党」しかいません
その中で「自公のこれ以上の横暴は許されない」ということで同意見の、民主党の五十嵐節馬議員に協力を求めて提出しました
私のものを含めて同様の陳情書が4件提出されていました

9/10の10時から「政策・総務・財政委員会・(11人)」の常任委員会で審議が始まりました。それに先立ち、私は「傍聴」及び「意見陳述をすること」を求めましたので、それから先に委員会に諮られました
 共産党・荒木由美子→「本人が来ている、本人の言葉を聞くべき。会場も十分広い」
 自公の議員→「丁寧な陳述書が届いている。進行上それに及ばず」
 結果は多数決で否決され、私は 別室のモニターでの視聴になりました。

●陳情文書が読み上げられました
提出した文書を引用しつつ、10名の委員達が意見をのべ合いました
主な意見です

『賛成』 共産/・荒木議員→ 恣意的に決められた/9条に反する/神奈川は基地県でオスプレイも飛行してきている/9/4には野音に55000名も抗議に集まった/大和・座間・葉山・三浦市の例もあり横浜市議会が出す意味は大きい

『賛成』 民主/・花上・市野議員 → 国民の命の問題・真摯にむき合う必要あり/1972年の田中首相 1985鈴木善幸首相の見解にもあるが、集団的自衛権は許されないとされてきた。戦争に向かう大転換なのに80%の国民は説明不十分と感じている。趣旨に同感して、横浜市議会も出すべき/時の政権の都合で動かせる。秘密保護法と共に進むと集団的自衛権はさらに危険である

『反対』  自民公明結ぶ党/・斉藤(達)・竹内・草間・鈴木・田中・斉藤(伸)・大岩・豊田→国の専管事項である。国を二分する意見に対し市会として意見提出することは反対。新三要件に照らしても歯止めはかかっている。専守防衛で国を守ることになる。南シナ海の情勢を見るとこれが現実路線。これから出る各法案の確定の中で議論が進む

●提出別に一件毎に採決がとられ、結果として4件すべて 3対7で否決となりました。
しかし審査結果は「陳情審査報告書」として本会議の時に席上に配布され報告されるそうです

結論として、たとえ否決されても、市民の声をキチンと正式な場で審議される意味は大きいと改めて思いました

黙っていては何ごとも伝わらない。
市民の正当な権利ですから、また試みます
       以上簡単な報告です    錦織

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2014年9月 9日 (火)

380.畑中尚さん「仲立ちをするのが国でなければならない」

伊賀市民として川上ダム問題に取り組んでいた畑中尚さんが亡くなった。

今年6月8日に国土交通省近畿地方整備局と水資源機構関西支社が開催した「川上ダム建設事業の検証に係る検討報告書(素案)」に対する関係住民からの意見を聴く場で、以下の意見を公述した後、会場で「卒倒」し、入院され、社会復帰が叶わないままだった。残念でならない。

その間、霞ヶ関では、河川局OBらが主導する「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」が川上ダムの推進にお墨付きを与え、8月25日、国交省はこの事業の継続を決定した。「残念」では済まされない問題をはらんでいる。

議事録より

【発表者(伊賀-8)】
○○と言います。伊賀市○○に○○年○○月○○日に生まれました。以来75年、この木津川の端で生活をしています。きょう、近畿地方整備局に発言の用紙を送らせていただきまして、財政について1点私は申し上げたいと、このように通告をしてあります。きょうのこの資料を見ましても、平成27年度以降、約632億円かかると、このように説明されています。今まで使ったことは言っていません。私の計算では630億を超えています。

もうこれだけで1,260億円。国は総事業費1,180億円と今言っています。80億円もプラスになっているわけですね。ダムというのはこのようにどんどん事業費が膨らんでいく。一番の例が、近畿地方整備局が直轄事業としてやった大滝ダム、奈良県川上村の大台ヶ原のふもとですが、16倍ですよ、最初の事業計画から比べて。それはもうこの川上ダムも、今は80億、最初は850億円と言っていました。途中350億円の追加でしょう。きょうの説明ではさらにまたプラス80億円どんどん膨らませていくというのがダムの妙味でしょうかねえ。理解できません。それから、このお話も聞いておったんですが、無理とか不利とか言っております。

私たちは、このダムが国民生活にとって本当に必要かどうか、言われる効果があるのかないのか、これを本当に科学的に検証しようと言うて一所懸命データに基づく話し合いを続けようと。だから、きょう、先ほどもお話がありました○○さんや○○さん、私たちはもう75年も住んでますから、みんなお友達なんです。知り合いなんです。ダムについては少し意見が違ったりするんですが、話し合えばどこかで一致点が見出せる、このように思っています。その仲立ちをするのが国、近畿地方整備局でなければならないと、このように思うわけでございますが、どうも住民間の対立をあおったりする、デマの情報を流したりします。

それで、○○さんにも一言言っておきたいんですが、この間から推進議連が出したビラに川上ダム建設所の指導と助言に基づいた記述がございます。川上ダムがあれば500万m3/sの水を制御できたというようなことを言っているんですが、18号台風であそこへ寄ったのは580万というのが近畿地方整備局の発表ですね。17号台風は395万m3/s、上野遊水地は全て合わせて900万m3/sの容量を下流へ流さない、下流にいたずらをさせないということで計画されたわけですから、まだまだ余裕があるわけですね。それを殊さらダムで7割も8割も、万能の神のように制御できるようなことを川上ダム、建設省は指導している。あるいはそういう記述を議連を通してやってる。もうどうしても理解できないですね

それで、川上ダム建設所の調査設計課長さんや工務課長さんに聞きに行きますと、青山美杉線もたった30mの山崩れが3年かかって100億かかるというふうなことを言ってるんですよ。これ、うそだったら正式な数字を出してください。青山美杉線、たった30mの道路をつくるのになぜ3年もかかる。海底トンネルでももうちょっとスピード感があってやれるでしょう。ちんたらちんたらとダム事業を延ばして事業費をどんどん膨らませて、大滝ダムがその典型なんです。ですから、この間寄った検討の場ですか、各市長は縮減ということを一斉に言って(――5分のベル)あっ、もうやめます。やめますが、どんどんふやすのはやめてください。国も大変です、消費税を上げて国民をだまして。そして、無駄な公共事業にどんどん金をつぎ込む、この構図はやはりここでとめるべきだと私は思います。以上です。

Dsc08999

畑中尚さん(Kさん撮影)
「昨年12月に、伊賀は水と緑の里であることを説明してくれたときのものです」(Kさん)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ