« 348.薄さ1.5ミリステンレス製の蛇腹の継ぎ手からの水漏れの原因は海水の腐食か経年化+地震動か | トップページ | 350.漁協の決議:熊本一規教授「誤魔化しの手法」 »

2014年6月 8日 (日)

349.原子力ムラの持ち込みはお断りしたい

正直なところ、田中知氏を巡る原子力規制委員会の人事問題には、やらなければならない情報発信がまったく間に合わないので、見向きもする時間はないと思っていた。

●人事の件その1

しかし、今になって、福島第一原発のダダ漏れの原因が分かりかけているのに、日本原子力学会は、根本原因はもう分かっている、と大飯原発差し止め裁判の判決への見解 を示していることに気づき、腹を立てながら、「誰だこんなことを言うのは!」と思ったら、その調査委員会の委員長をやっていたのが、くだんの「田中知」氏だと知った。

そこで、あるメーリングリストで、それに関する部分を委員長会見の議事録からコピペしておいたところ、読んだ方が、以下のブログに貼り付けてくれた。

http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11872560284.html
日本原子力学会(田中知委員長)の大飯原発差し止め判決見解について

是非、読んで欲しい。

「原子力学会」が根本原因が分かっていると言っていることに対して問題ではないかと田中俊一委員長に会見で提起したのに対し、田中俊一委員長は、海外に論文を書けばいいじゃないかと、問題をはぐらかした。いや、はぐらかそうと思ってはずらかしたのならまだしも、学会がこの期に及んで事故原因は解明されていると述べ、それを原子力ムラの空気にしてしまうことの危険性を熟考していないように見えることが怖い。

●人事の件その2

前のコマで書いた件とダイレクトに関係するが、サプレッション・チェンバーで起きている水漏れを調査しているロボットのメーカーが日立GEニュークリア・エナジーなのだが、なぜか、東電は公表資料(これのhttp://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_140527_06-j.pdf スライド3頁目)では「日立GE テレランナー」と書き、口頭で「これは『日立GEニュークリア・エナジー』の間違いです」と説明するも、あっちもこっちも「日立GE テレランナー」のままで、訂正を行わない。

日立GEニュークリア・エナジーと言えば、今や、田中知氏が寄付金をもらっていたことで有名な会社である。
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-06-01/2014060115_01_1.html

その田中知氏が研究費をもらっていた原発メーカが作るロボットが、現在、福島第一原発の事故原因にダイレクトにかかわる調査を行っている。しかし、田中氏は、もうすでに根本原因まで明らかになっていると学会として発表したときの責任者だ。

これほど気持ちの悪いことはない。東電は、その渦中にある社名をわざわざ間違えて訂正もしないのかと、トコトン疑り深い私などは考えてしまう。

人事の件その3

田中知氏には2011年に、電話でだが取材をさせてもらったことがある。「上下水処理等副次産物の当面の取扱い」(原子力災害対策本部六月一六日通知)として、8000Bq/kgまでなら埋立可、それ以上は保管と決まったときのプロセスを追ったときだ。

原子力安全委員会では、実質的な議論をした形跡がなく、追加で意見を聞いた専門家3人もまた、2011年5月26日18時から2時間ほどのたった一回の会合で官僚の作った案を了承した。専門家3人の1人が田中知氏だった。

田中氏はその決定への関わりとして、「一回だけ二、三時間の会合に出た」と述べていた。(週刊金曜日2011年8月26日 860号

当時、過去最悪の国際原子力事故評価レベル7が出たばかりで、放射能に対する国民の不安は大きかった。そんなときに、放射能ゴミの焼却、埋立、保管の方針を決めるやり方として、あまりに軽いと思った印象がある。

2番目と3番目は、看過するとしても、1番目の件だけは看過してはならない。原子力ムラの規制当局への持ち込みにつながると感じている。

福島第一原発事故原因がすべて解明されていると思う人が、原子力規制委員になる資格があるとは思えない。

« 348.薄さ1.5ミリステンレス製の蛇腹の継ぎ手からの水漏れの原因は海水の腐食か経年化+地震動か | トップページ | 350.漁協の決議:熊本一規教授「誤魔化しの手法」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651265/56439868

この記事へのトラックバック一覧です: 349.原子力ムラの持ち込みはお断りしたい:

« 348.薄さ1.5ミリステンレス製の蛇腹の継ぎ手からの水漏れの原因は海水の腐食か経年化+地震動か | トップページ | 350.漁協の決議:熊本一規教授「誤魔化しの手法」 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ