« 215.争点の一つだと思うこと | トップページ | 217.原発再稼働の申請受付のタイミングよ・・・ »

2013年7月 5日 (金)

216.環境法改正の問題点を指摘する集会案内

住民参加が進まないどころか、
国家に権力を集中させる逆行が机上で進んでいるときに
私は何をしているのかと、毎日焦燥感で死にたくなる。
でも死ぬヒマがあるなら、前に進めなくても行動しようと空回りすればいいし、
行動あるのみ、と動いている人を応援しよう。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
7月12日緊急の院内集会(参議院会館)への参加呼びかけ!
「放射能拡散・野放し政策」を支える「環境法改正」成立をいかに覆(くつがえ)すか!
 
政府・環境省は広域震災廃棄物(放射性廃棄物瓦礫)処理に伴い、全国の市民住民の反対運動の前に環境省の政策は破綻しました。
 
環境省は全国の市民、住民運動が今後も放射能拡散への運動の拡大を恐れ事前の策として、今回の「環境法改定」に踏み切ったと事務局は考えています。
 
「環境法改正」案はすでに衆参議会で成立してしまいました。
だからと言ってこの法律を受け入れるわけには行きません。
 
今回の法改正は放射能拡散を止めるどころか合法的に放射能の拡散を容認する法律です。地方自治体の義務も権利も簒奪しました。
 
広域震災廃棄物(放射性廃棄物瓦礫)に携わった皆さんはもとより、これまで環境問題に取り組んでいらっしゃる個人、団体、グループの皆さまに改めて事務局から今回の「環境法改定」の本質的な問題点を示し、選挙後の国会を睨んで「環境法改正」の撤廃をいかに進めるか議論したいと考えています。
 
放射性廃棄物全国拡散阻止!3・26政府交渉ネット・事務局
 
【日時:会場】
◎7月12日(金曜日)
 午後12時30分より1時まで入館通行書配布。
 1時開場  13時30分開演
◎参議院会館:地下1階101号室
●資料代として\500円
 
【タイムスケジュール】
●事務局挨拶
第1部6月11日「国会でなにが行なわれたか」(13時35分)
(A)『6月11日環境委員会質問』(平山誠VS石原伸晃)上映
(B)質問主意書への内閣答弁書に対するコメント
  (平山誠議員、3・26政府交渉ネット事務局)
 
第2部(仮題)環境省広域震災廃棄物政策の破綻から学んだ政府・官僚たち(14時30分)
報告者: 青木泰氏
(3・26政府交渉ネット事務局・環境ジャーナリスト)
質疑応答
―休憩―
 
第3部(仮題)『環境法改悪』の問題点を暴く (15時40分)
報告者:藤原寿和氏
(3・26政府交渉ネット事務局/廃棄物処分場問題全国ネットワーク共同代表)
―質疑応答―
 
第4部 各地の取り組み報告と『環境法改悪』を撤廃させる拡大戦略会議(16時35分)
東白川郡鮫川村小型実験焼却炉建設&塙町バイオマス発電所計画最新動向など他。
(注:テーマは課題です。当日までの情勢分析で課題が変更されることもあります。
ご承知ください)
●17時40分終了

« 215.争点の一つだと思うこと | トップページ | 217.原発再稼働の申請受付のタイミングよ・・・ »

変えるための努力をいとわない人々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651265/52321618

この記事へのトラックバック一覧です: 216.環境法改正の問題点を指摘する集会案内:

« 215.争点の一つだと思うこと | トップページ | 217.原発再稼働の申請受付のタイミングよ・・・ »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ