« 156.国際公約からみた利根川の基本方針(ウナギが問う2) | トップページ | 158.突然の利根川水系一部区間の河川整備計画公表 »

2013年1月28日 (月)

157.利根川をラムサール条約湿地へ(ウナギが問う3)

利根川をラムサール条約湿地へ」と目標を掲げて話をしたのは
利根川水系のど真ん中に位置する渡良瀬遊水地の
保全活動とラムサール条約登録に大きな力を発揮した
浅野正富さん(ラムサール・ネットワーク日本事務局長)だ。

浅野さんによれば、日本のラムサール条約登録湿地には特徴がある。

・北海道と沖縄に登録湿地が集中している。
・人口密度の高いところでの登録が進まない。
・登録湿地は四国には一つもない。
・重要な河川がほとんど登録されていない。
Photoクリックで拡大
出典:環境省http://www.env.go.jp/nature/ramsar/conv/2-3.html

 
 
・国土面積に占める登録面積の割合が先進諸外国に比べ低い。
 日本は37か所が登録されていても0.34%
 フランスは36か所で6.05%
 ドイツは34か所で2.43%
 イギリスにいたっては168で5.20%を占める。

Photo_2

出典:『「生物多様性国家戦略2012」策定に際しての
ラムサール条約湿地数値目標に関する提言書

特定非営利活動法人ラムサール・ネットワーク日本 2012年5月24日

http://www.ramnet-j.org/2012/05/27/120524nbsj2012ramnet-j.pdf 

保全のあり方については、各国が独自に考えることになっており、日本では

1.国際的基準1~9のいずれかを充たす。
  http://www.env.go.jp/nature/ramsar/conv/2-1.html
2.国の法律で保全を位置づける。

および地元自治体の賛意も必要だが、上記二つは大前提だ。 

渡良瀬遊水地の場合、鳥獣保護法による「鳥獣保護地区」の指定が期待されていたが、
その場合、「遊水地を掘削するなど国土交通省の事業を進める上で
鳥獣保護法の許可が必要とされ、治水事業に支障が生ずるのではないか」
という懸念があった。 

しかし、国土交通省は動いた。
2010年春、環境省に対して、河川法の渡良瀬遊水地湿地保全・再生基本計画を
法的に位置づけることをもって登録ができないかと協議を申し入れたのだ。 

環境省は「前例がない」ということで検討に1年をかけたが、2011年2月、
・鳥獣捕獲は鳥獣保護法に基づく鳥獣保護区(普通地区)、
・土地利用規制は河川法に基づく指定済みの河川区域、
という所管のすみ分けを行って、
治水と湿地保全を両立させるWinWinの関係が成り立った。

では、利根川全体をラムサール条約湿地に登録できるだろうか?
ラムサール・ネットワーク日本事務局長である浅野さんは次のように見解を示した。

●利根川は日本最大の流域面積を誇り、
 代表的湿地タイプとして基準1を充たす。
 生息する生物種の数からも基準3を充たす
 基準1: 特定の生物地理区を代表するタイプの湿地、又は希少なタイプの湿地
 基準3: 生物地理区における生物多様性の維持に重要な動植物を支えている湿地

利根川水系河川整備計画の中で利根川の湿地生態系を保全する方針
 明確に定められれば、ラムサール条約湿地登録の途は開ける。

利根川全体のラムサール条約登録湿地を目指すことによって
 ラムサール条約締約国である日本は、 
 湿地の代表的存在である河川についても
 条約湿地登録を推進し、その保全と賢明な利用を図っていく姿勢を
 明確に示さなければならない。

浅野さんはそう締めくくった。これ以上にない明確なメッセージだった。

なお、ラムサール条約登録に関する河川法の河川整備計画の位置づけは
環境省においても正式に共有されていることが分かった。

« 156.国際公約からみた利根川の基本方針(ウナギが問う2) | トップページ | 158.突然の利根川水系一部区間の河川整備計画公表 »

川は誰のものか」カテゴリの記事

コメント

海外の情報を満載し、それについてのコメントも日本と比較した意見も
まさのさんのブログ大変勉強になります。
ありがとうございます。


高木邦子

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651265/48997739

この記事へのトラックバック一覧です: 157.利根川をラムサール条約湿地へ(ウナギが問う3):

« 156.国際公約からみた利根川の基本方針(ウナギが問う2) | トップページ | 158.突然の利根川水系一部区間の河川整備計画公表 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ