« 108.大飯原発の活断層を巡る学者の議論を見て | トップページ | ちょっと休憩 »

2012年11月10日 (土)

109.国際会議でのフリーランス記者の扱いは?

福島で12月15~17日にIAEAが開催されます。
フリーランスってどうなるんだろうかと記者仲間からメールが来ました。

http://www-pub.iaea.org/iaeameetings/20120216/-The-Fukushima-Ministerial-Conference-on-Nuclear-Safety

そこで、昨日、↑ここにあった外務省のメディア担当に電話をしてきくと、
「今、まさに扱いを協議している」とのこと。

海外からの参加登録は11月15日が〆切だというのに悠長な話です。

「フリーランス(記者)の扱いは国際標準で頼みますよ。
ダブルスタンダードはなしで」とお願いをしておきました。

私は行くとも行かないとも決めていませんが、
お知らせしておきます。

« 108.大飯原発の活断層を巡る学者の議論を見て | トップページ | ちょっと休憩 »

放射能を封じ込めよ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651265/47790099

この記事へのトラックバック一覧です: 109.国際会議でのフリーランス記者の扱いは?:

« 108.大飯原発の活断層を巡る学者の議論を見て | トップページ | ちょっと休憩 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ