« 66.ラジオレスナーから届いたメモ | トップページ | 67.ストライクゾーンの狭いダム~八ツ場ダムではどうか »

2012年9月18日 (火)

67.農業用水と渇水

渇水に関連して
農業用水についてのわかりやすいグラフを以下に張り付けておきます。
これは利根川の水利用の内訳グラフです(★)。

Photo

見ての通り利用されている利根川の水の8割は農業用水です。

米国ではいち早くダム建設が終焉に向かいましたが、
その理由の一つには、もし都市用水が足りないとしても
農業用水を一部融通すればそれで足りるではないかという考え方がありました。
日本でもこの考え方を学ぶことが可能だったはずですが・・・。

繰り返しになりますが、農業用水と今回の渇水騒動との関係については
八ツ場あしたの会の解説に出てくる
折れ線グラフ↓と一緒に見ていただけるとなおよく分かります。
http://yamba-net.org/modules/news/index.php?page=article&storyid=1715
さらに上級編として、その土台となる情報としてこちらも必読です。
http://yamba-net.org/modules/news/index.php?page=article&storyid=1709

★出典は2005年に国土交通省が利根川の河川整備基本方針を策定していたときの資料
「利根川水系の流域及び河川の概要(案)」(122頁のPDF P.58)です。
図 5-1 利根川の利水量945.3m3/sの内訳(発電を除く)
 除いてある発電分は2,496m3/sです。(利根川が如何に発電に利用されているか、分かりますね。発電は上流部における水無川(環境破壊)の原因となった後、下流で上記のような利用が行われます。)

« 66.ラジオレスナーから届いたメモ | トップページ | 67.ストライクゾーンの狭いダム~八ツ場ダムではどうか »

川は誰のものか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651265/47117656

この記事へのトラックバック一覧です: 67.農業用水と渇水:

« 66.ラジオレスナーから届いたメモ | トップページ | 67.ストライクゾーンの狭いダム~八ツ場ダムではどうか »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ