« 62,四日市に学んでいない東電、沖縄に学ばない公文書管理 | トップページ | 64.「取水制限」の利用方法~石原都知事の場合 »

2012年9月 9日 (日)

63.発電と渇水と大本営発表

最近、利根川水系のダムの渇水が頻繁に報道される。

独立行政法人水資源機構の矢木沢ダムの貯水率が5~6%と
空っぽに近くなった画像がTVでは映し出される。

でも、大本営発表過ぎないか?という話である。

第一に、矢木沢ダムで検索して出てくるウェブサイト
矢木沢ダムの状況(PDF資料)
http://www.water.go.jp/kanto/numata/01_top/yagisawa.pdf
なんかをクリックしてしまうと
ちょっと難しい矢木沢ダムの「利水容量曲線」が出てくる。

しかしこれで平成6年と比べても、平成8年と比べても
今年平成24年は7月末まで目一杯利用が可能だったことがまず分かる。
8月からつるべ落としのように「利水できる容量」が減っているが
そうだとしたら、それは8月の間にたくさん「利水」したということになる。

第二に、もっと簡単な話で、「利水」の中身だが、
この矢木沢ダムは独立行政法人水資源機構のダムだが、
洪水調整、農業用水、水道、河川維持用水、発電の多目的のダムだ。

国土交通省は発電のデータをわかりやすくは載せているとは言えないが
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/realtimeindex2.html
探せば、矢木沢ダムは、過去2日は発電していないことがここで分かる。
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/live/yagisawa.html

でも、アレレ? すぐその下の藤原ダムでは
渇水だ~と騒いでいた過去2日もしっかり発電しているよ。
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/live/fujiwara.html
9日9日11:00現在に至っては
流入量(0.49)に対し放流量(12.71)が30倍の勢いでガンガン放流している。
http://220.97.206.144/numata-p/GamenDam.htm ←(リアルタイムで変化)

ダム位置図を見ると良く分けるけれど、
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/dammap.html
矢木沢ダムと藤原ダムは上下で近接している。

矢木沢ダムは、渇水騒ぎの前に下のダムにしっかり放流し
藤原ダムで現在、しっかり発電をしているという見方もできる。

隣の支流の奈良俣ダムでも過去2日、しっかり発電も放流もしている。
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/live/naramata.html

もっと言えば、首都圏のみずがめと言っても
実際に川から水を取って浄水するのはもっと下流で、

この利根川水系8ダムを見てクリックしてもらえば分かるけど
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/dammap.html

薗原ダムは貯水率70%以上で発電&放流中
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/live/sonohara.html
相俣ダムは貯水率27%以上で発電中(発電で水は川に戻るのでその分は放流)
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/live/aimata.html
下久保ダムも貯水率68%以上で発電&放流中
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/dammap.html

さらに隣の支流(渡良瀬川でも)貯水率38%で発電&放流中
http://www3.ktr.mlit.go.jp/tonedamu/teikyo/realtime/live/kusaki.html
ちなみにその下の渡良瀬貯水池は貯水率93%以上。

実際に水を取るもっと下流を見てみよう。

最大の人口を抱える東京都から見れば
実は多摩川もあり、都民のためにこちらの水源は最後まで抱え込んでいる。

利根川でホルムアルデヒド問題が起きたときを覚えているでしょうか?
いざとなると取水を多摩川からの水に切り替えるわけですが、
普段は茨城、栃木、埼玉、千葉、群馬と共有している利根川の水を先に使う。

ここで見ればとてもよく分かる。
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/water/suigen.html
多摩川の小河内ダムは今日も82%
村山・山口貯水池79%と、まったく問題ない。

これで、渇水で大変です!(=もっとダムが必要では?)と
潜在意識に訴えかける世論誘導に
いかに簡単にマスメディアが乗ってしまうかも分かる。

さらに見ると、利根川と多摩川の間の荒川なんて、
荒川貯水地が貯水率101%
二瀬ダムが貯水率225%
全体で貯水率106%だってことも分かる。

ではもう一度。
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/water/suigen.html

原発がなければ電力が足りない!というプロパガンダが
ウソだったことはこの夏でもうバレバレだが、それと同様、
水が足りないという大本営発表もまずはウソだと疑ってかかって欲しい。

夏も終わり。節水しましょうキャンペーンを始めるのはいいとしても
全体像を見せるべきではないか。

利根川では八ッ場ダム南摩ダム霞ヶ浦導水路事業が必要だ
というキャンペーンも実施中だが、
こんなに暑く、小雨だった夏でも
今あるダム以上にはダムは必要でなかったことも国は認めるべきではないか。

« 62,四日市に学んでいない東電、沖縄に学ばない公文書管理 | トップページ | 64.「取水制限」の利用方法~石原都知事の場合 »

川は誰のものか」カテゴリの記事

コメント

そめやさま、くにいさま
(ご主張の主旨から同一の人物とお見受けしましたが
 違っていたらごめんなさい)

お詳しいようなので
ぜひ、利根川8ダム、荒川、多摩川、そして
神奈川で有り余っている水の融通までを計算にいれて(以下★参照)
もしも、雨が全然降らなかった場合でも
どれぐらい大丈夫かを計算していただければ助かります。
ご回答をお待ちしています。

なお、中学生レベルでも読めば分かるブログを目指しておりますので
その点、ご留意ください。そのレベルに達していない
コメントは恐縮ですが、以後、「公開」を控えるかもしれませんので
あらかじめご了承くださいませ。

この件に関しては

利根川が渇水なら多摩川から水を買ってくれという話もあり
大川隆司弁護士の話(★動画13分)→ http://t.co/U06t2niD

梶原さん解説もオススメです。
http://blogs.yahoo.co.jp/spmpy497/7140884.html

八ツ場あしたの会「利根川の取水制限」についての解説も分かりやすいです
http://yamba-net.org/modules/news/index.php?page=article&storyid=1715

お読みになることを合わせてオススメします。

こんにちは。
以前より勉強をさせてもらっているものです。
いつも精力的な活動と記事に頭が下がります。

読ませていただいていて気になったのですが、容量の違う矢木沢ダムと渡良瀬貯水池を挙げて「5%と93%」と言ってしまうのは、大本営と同じことにならないでしょうか。
せっかくウソを見抜いて書いてくださるのなら、もう少し良い書き方があるのではないかと思います。
(3水系の全体量から一日当たりのマイナス量を計算するとと実はまだ何日分もある、とか)

締めでおっしゃっているように、もっと多くの人が、ウソを見抜いたり、大本営を疑ってかかったり、「本当の所はどうなの?」と考えられる事が必要なのだと思います。
色々と大変だとは思いますが、これからも頑張ってください。

下流で水を必要としているのですから放流するのは当たり前です。
使わないで貯めてどうするんですか?取水制限ではなく断水にしておきます?

また、発電による放流は水を消費するのではなく「水の持つ位置エネルギー」を消費するものです。発電で放流した水も下流ではかんがい・上水道・工業用水等で利用出来ます。発電しないで放流するよりは、発電も一緒にした方が有効活用出来ると思いますが。

貯水量ではなく貯水率を使って書いている事もミスリードを誘いますね。
各ダムの貯水量も併記しないのは何か意図がおありですか??

多摩川水系の水は利根川水系が大ピンチの時のピンチヒッターとして運用されてます。
多摩川誌参照。
http://www.keihin.ktr.mlit.go.jp/tama/04siraberu/tama_tosyo/tamagawashi/parts/text/044332.htm
今この段階で水を使ったとして、秋雨前線で雨がまともに降らなかったらどうしますか?
冬季の取水制限もしくは断水になることは必至です。
当然現段階で、秋雨前線で貯水量が回復しない事も想定して運用しなければなりません。


これでは、渇水はウソと疑え!(=ダムは不要では?)と
潜在意識に訴えかける世論誘導に
いかに簡単に何も知らないよく調べもしない一般市民が乗ってしまうかも分かる。

Celica-LB2000GTさま
コメントを有難うございます。今まで存じ上げなかった利根川の専門家からも頑張れ!と励ましをいただいています。

大本営発表に疑いをもって各ダムの貯水率を調べているうちに、このページにたどり着き、筆者の意見に完全に賛同です。大本営もいけないが、その発表を何の検証もせず、横流ししてしまうマスコミの体質が情けない。大変でしょうがコツコツと情報を集め、適切なコメントを引き続き期待しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651265/47008168

この記事へのトラックバック一覧です: 63.発電と渇水と大本営発表:

« 62,四日市に学んでいない東電、沖縄に学ばない公文書管理 | トップページ | 64.「取水制限」の利用方法~石原都知事の場合 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ