« 57.関東一円の上下水道II | トップページ | 59.国会記者事務所の使用について(文書掲載) »

2012年8月31日 (金)

58.東電側から「国立公文書館」の言葉が出た

東電による定例会見(2012年8月28日(火)18:00から21分目あたり)で
http://www.tepco.co.jp/tepconews/library/movie-01j.html

東電の松本純一原子力・立地本部長代理からはじめて「国立公文書館」
という言葉が発されるのを聞いた。それなりに感慨深い。質疑は以下の通り。

====================

NHK記者:公開されているTV会議動画資料は、事故を振り返る上で非常に貴重。公の機関での保存することについて以前にも他の社(者)から質問があったと思うが、その後、検討についてはいかがか。

松本氏:この会見でもご質問がありましたし、経産大臣からもそういった話があったというふうにうかがっている。私どもとしましても、いわゆる国立公文書館での保管等については検討させていただいているところです。

====================

ジャーナリスト寺澤有さんが8月25日にニュースサイト「インシデンツ」で伝えた
「福島第1原発事故に関する東電資料は政府が管理するべきと申し入れ」
も読んでいただきたい。

フリーランス連絡会は昨年、東電会見からの一部フリーランスの
締め出しきっかけに始まった会だが、
今回は東電に対して個々の記者から要望されていたことに加えて、8月24日に、
以下の3点を政府に対しても求めていた。

1.東電・政府合同会見の最低月1回の開催
2.福島第一原発関係資料の公文書管理法に基づく政府(国立公文書館)管理
3.東電を含む、税を投入した私企業等の情報公開法の制定

2011年4月に細野大臣と保安院に公文書管理法に基づく情報管理を求めて(*1)以来、東電には度々、最近は相澤善吾東電副社長にも(*2)、枝野大臣にも(*3)尋ね、皆、勉強すると言ってきた。新しい法律なので勉強する必要があるのは当然だが、法律を読んでもらえば、福島第一原発資料を国立公文書館で保存しないでいい理由はどこにもないことが分かる。一刻も早く勉強を終えて、実行に移してもらいたい。

関連(*)
1.「福島原発事故の公文書管理と情報公開」
Actio2011年6月号 特集「原発のない社会は可能」 
http://actio.gr.jp/2011/05/17114001.html
2.原発事故後のテレビ会議録画――東電「名ばかり公開」(週刊金曜日(アンテナ)の8月3日号)
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=2361
3.7月31日(火)枝野経済産業大臣記者会見での質疑
http://www.meti.go.jp/speeches/data_ed/ed120731j.html
4.背中が凍り付く漫才-東電TV会議
http://seisaku-essay.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/tv-693c.html 

■テレビ会議動画を含む東電情報に関する申し入れ文書(以下の通り)
~~~~~~~~~~
テレビ会議動画を含む東電情報に関する申し入れ

 細野豪志 環境大臣 殿
 枝野幸男 経済産業大臣 殿
 園田康博 内閣府大臣政務官 殿

2012年8月24日

 東京電力株式会社(以下、東電)は、9月7日までの予定で、福島第一原発事故後に録画された2011年3月11日から15日までの50時間分の音声有りテレビ会議画像と文字起こし、100時間分の音声無し画像の公開を行っています。録音・録画などをしない条件で、平日10時から16時までの間、常時監視つきでイヤホンで視聴をさせるというもので、この公開手法に関しては各メディアから以下のような要望が東電に対し出されています。

 ・文字起こしの提供または複写の許可
 ・視聴時間の延長
 ・3月15日以降の全テレビ会議画像の公開
 ・9月8日以降も引き続いての東電施設における報道関係者以外も含めた公開

 同様に、枝野大臣も7月28日に、①求める者による全画像の閲覧と公開期間の確保、②公開対象や手法に関する報道関係者の意見を踏まえた対応、③裁判で求められる証拠保全を鑑み、画像を処分しないこと、などの指示を行いましたが、東電は、①と②については応じる姿勢を見せていません。

 東電情報は今回に限らず、株主総会の公開を含めてことあるごとに各方面から公開が求められ、個々の要望や交渉を越えた、政府横断的な対応を要する段階が来ています。

 そこで、フリーランス連絡会としては、以下の3点を求めます。

 1.東電・政府合同会見の最低月1回の開催
 2.福島第一原発関係資料の公文書管理法に基づく政府(国立公文書館)管理
 3.東電を含む、税を投入した私企業等の情報公開法の制定

 ご回答を8月31日18時までにお願い致します。

 フリーランス連絡会
 事務取り扱い 佐藤裕一 寺澤有(担当、連絡先) 畠山理仁

« 57.関東一円の上下水道II | トップページ | 59.国会記者事務所の使用について(文書掲載) »

放射能を封じ込めよ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651265/46897316

この記事へのトラックバック一覧です: 58.東電側から「国立公文書館」の言葉が出た:

« 57.関東一円の上下水道II | トップページ | 59.国会記者事務所の使用について(文書掲載) »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ