« 25.河川整備計画の理想の作り方(5) | トップページ | 27.歯を食いしばる日々 »

2012年6月 1日 (金)

26.河川整備計画の理想の作り方(6)

「ここが切れたら一番被害が大きくなります」と
下流の自治体に言ってあげることは、
遙かかなたの上流の群馬県や栃木県にダムを作りますから
お金を負担してください、と言うことよりも重要だと思うのだが・・・。

本当に大きな洪水が来て万が一堤防が切れたら
どこへ逃げるべきなのか、そういう防災計画を整えるための情報を
住民が入手しやすくなる環境を整えることが大事だと
3.11でも学んだはずが・・・。

私たちは、なぜ、歴史から学べないのだろう。
↓これは、3.11から何を学んだ結果の河川整備計画なのだろうか。

利根川水系河川整備計画
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000200.html
利根川・江戸川において今後20~30年間で目指す安全の水準についての考え方.
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000061902.pdf

« 25.河川整備計画の理想の作り方(5) | トップページ | 27.歯を食いしばる日々 »

川は誰のものか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651265/45493415

この記事へのトラックバック一覧です: 26.河川整備計画の理想の作り方(6):

« 25.河川整備計画の理想の作り方(5) | トップページ | 27.歯を食いしばる日々 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ