« 23.河川整備計画の理想の作り方(3) | トップページ | 25.河川整備計画の理想の作り方(5) »

2012年6月 1日 (金)

24.河川整備計画の理想の作り方(4)

昨年末、八ツ場ダムの上位計画である河川整備計画の策定が
八ツ場ダム本体着工の要件であると突きつけられて、
利根川の河川管理者も先週、金曜日に動き始めた。

ところがその作業内容を見ると、
本当に洪水から流域住民の生命財産を守ろうとしているのだろうか、
と首を傾げたくなる情報の出し方をしている。

利根川水系河川整備計画
http://www.ktr.mlit.go.jp/river/shihon/river_shihon00000200.html
利根川・江戸川において今後20~30年間で目指す安全の水準についての考え方.
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000061902.pdf

これで、6月23日までにご意見をください、と言う。
こんな仕事が楽しいかな。説明会すら開かない。
住民と共に学ぶ楽しさに背を向けて、河川管理者として楽しいかな。
リスク管理になるのかな。
もっと言えば、河川法で要請された、治水、利水、環境の保全を
こんなに矮小化したらほとんど行政の不作為だと批判されると考えないのかな。

批判されたいマゾなのか、嫌がらせをしたいサドなのか・・・(苦笑)。
不思議な人々である。

« 23.河川整備計画の理想の作り方(3) | トップページ | 25.河川整備計画の理想の作り方(5) »

川は誰のものか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651265/45493278

この記事へのトラックバック一覧です: 24.河川整備計画の理想の作り方(4):

« 23.河川整備計画の理想の作り方(3) | トップページ | 25.河川整備計画の理想の作り方(5) »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ