« 18.理に叶っている方向へ進む(は誤報) | トップページ | 20.消費税・増税法案の審議 »

2012年5月14日 (月)

19.主体性がない会議

18の誤報の訂正とお詫びをかねて以下を書く。
結論から言えば、社会資本整備審議会(会長・福岡捷二 中央大学研究開発機構教授) の
「河川分科会」単独会議では発言者名非公開で
「計画部会」との合同会議になった途端、
「事務局の連絡事項」として公開することになっている・・・。

そして思考。重要な審議をしていることと、
審議のされ方が適正であるかどうかということは別である。

社会資本整備審議会河川分科会に参加している人(下記)は
「河川行政」の最新動向について日本の中で最も詳しいかもしれない。
しかし、彼らが賢くなっても、本当は意味がない。

河川法はどのように人が川の恵みを使わせてもらい、
時としてその川から人を守り、川の恵みを次世代につたえていくかが
書かれているべき法律だが、だからこそ、本来その決定には、
流域住民によって行われるべきだ。少なくとも深く関与できなければならない。

そうでなければ日頃の保全も利用も、緊急時の自衛もできないからだ。

せめて、未発達な河川法の運用時に、
誰がどのような観点から審議が行われて物事が決まったのか
「当該行政機関における経緯も含めた意思決定に至る過程並びに
当該行政機関の事務及び事業の実績を合理的に跡付け、
又は検証することができるよう」(公文書管理法第4条)
後からできた少し発達した法律に基づいて、文書は作成されるべきだが、
それぞれの専門性に期待をされ、就任しているはずの委員が
「何故か」自分たちの名を取りのぞいた議事録を公開させている。

「何故か」とは、つまり「計画部会」と合同のときは発言者名を公開し、
「河川分科会」単独開催のときは議事録名を伏せているからだ。

議事録担当者に聞くと「議事録を読めば書いてありますから」という。
しかし、書いていないので行間を読むしかない。読んでみる。

社会資本整備審議会河川分科会 名簿(2012年3月28日現在)

家田仁 東京大学大学院工学系研究科教授
池淵 周一 京都大学名誉教授
磯部 雅彦 東京大学大学院新領域創成科学研究科教授
今村 文彦 東北大学大学院工学研究科付属災害制御研究センター教授
帯 野久美子 (株)インターアクト・ジャパン代表取締役社長
楓千里 (株)JTBパブリッシング執行役員法人事業部長
岸 由二  慶応義塾大学教授
小池俊雄  東京大学大学院工学系研究科教授
小浦久子 大阪大学大学院工学研究科准教授
小林潔司 京都大学経営管理大学院院長・教授
坂村健 東京大学大学院情報学環教授
櫻井 敬子 学習院大学教授
田中 里沙 (株)宣伝会議取締役編集室長
辻本哲郎 名古屋大学大学院工学研究科教授
津田和明 サントリーホールディングス(株)社友
中井検裕  東京工業大学大学院社会理工学研究科教授
福岡捷二 中央大学研究開発機構教授
藤吉洋一郎  大妻女子大学文学部教授
マリ・クリスティーヌ   異文化コミュニケーター
御厨貴  東京大学先端科学技術研究センター教授
山岸哲 (財)山階鳥類研究所名誉所長

第四十四回河川分科会(2011年9月5日)(発言者名 無)
【分科会長】「本日の議事録につきましては、内容について各委員の確認を得た後、発言者氏名を除いて国土交通省大臣官房広報課及びインターネットにおいて一般に公開することとします」  

第四十五回河川分科会(2011年12月14日)(発言者名 有)合同会議
【福岡部会長】最後に事務局から連絡事項があるようですので、よろしくお願いします。
【大江政策調査専門官】本日の議事概要の公開につきましては、近日中に概要をホームページにて公表、そして詳細な内容につきましては、各委員の皆様に議事録をご確認いただいた上で公開する予定でございます。
 

第四十六回河川分科会(2011年12月27日) (発言者名 有)合同会議 
【福岡部会長】最後に、事務局から連絡事項があるようですので、よろしくお願いします。
【大江政策調査専門官】本日の議事概要の公開につきましては、近日中に概要をホームページにて公表、そして詳細な内容につきましては、各委員の皆様に議事録をご確認いただいた上で公開する予定でございます 

第四十七回河川分科会(2012年3月28日) (発言者名 無)
【分科会長】「本日の議事録につきましては、内容について、各委員の確認を得た後、発言者氏名を除いて、国土交通省大臣官房広報課及びインターネットにおいて一般に公開することとします。」 

「河川分科会」の「分科会長」とは福岡捷二・中央大学研究開発機構教授。
冒頭に書いたように社会資本整備審議会の長でもある。

その「河川分科会」単独では断固として発言者名非公開だが、
合同会議になった途端、「事務局の連絡事項」として公開することになっている。

これらの行間を読むと、北朝鮮風に言えば、その序列は、失礼ながら
大江政策調査専門官>福岡捷二・中央大学研究開発機構教授ということになる?

« 18.理に叶っている方向へ進む(は誤報) | トップページ | 20.消費税・増税法案の審議 »

川は誰のものか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1651265/45251337

この記事へのトラックバック一覧です: 19.主体性がない会議:

« 18.理に叶っている方向へ進む(は誤報) | トップページ | 20.消費税・増税法案の審議 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ